2016年03月31日

椿ロード 後編 中腹〜山頂まで

椿ロードの平山林道出合いからさらに山頂へと歩を進める。

椿ロードは、山の神から上ってきたのなら、そのまま林道を横切って続いている。
もし休憩をとるなら、林道を西に歩くとすぐ近くに東屋がある。
CIMG2126.jpg

DSCF4118.jpg

しばらくすると、擬木コンクリートの階段が続くようになる。
この椿ロードは天草観海アルプストレイルランでも使われる行程であり、龍ヶ岳役場前をスタートして、この階段のぼりで集団がばらけるようだ。階段は自分の歩幅に合えば便利なようで、なかなかにペースをつかみづらいところがある。

途中、眺望がきく箇所もなく、人工林や照葉樹のなかを息をあげながらのぼる。

「弁慶の足跡」と呼ばれる岩に足型のくぼみがあり、思わず足をならべて写真をとりたくなる。落ち葉でうもれていたりもするが、かき出してパチリとしてみよう。
benkei.jpg

NEC_0574.jpg

ジグザクの急坂を上りきれば、山頂自然公園へとでる。トイレやキャンプ場施設があるが、山頂は左へ曲がり、もうしばらく歩いたところにある。絶景をたのしみにもうひと踏ん張り。
CIMG0263.jpg

CIMG0261.jpg

歩道上にタヌキの「ため糞」場があるので踏まないように注意しよう。ここらのタヌキはホンドタヌキであり、写真のようにけっこうかわいらしい。(可愛いけれど、できれば歩道以外のところをため糞場にしてほしかったとは思う。)
s-CIMG2026.jpg

上りきったところ神社があるが、そこを過ぎて少し下り、芝生広場を過ぎたところが山頂で、白いコンクリート製の展望所がある。
CIMG0260.jpg

CIMG0259.jpg

CIMG0258.jpg
自分の足で麓からのぼりきった景色はまた格別であろう。
三角点は、展望所の階段上り口付近にある。

CIMG2063.JPG

s-don3.png コースタイム 椿ロード中腹林道出合〜山頂
 上り50分 下り30分 標高差約290メートル
posted by climber at 16:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: