2016年03月29日

西登山道 コース案内



大道(おおどう)港方面から大作山(おおさくやま)地区へと続く車道がある。
名称を調べると「林道東浦大作山線」となっているが、土地の者の会話で林道名まで聞くことはめったにない。

この林道東浦大作山線と山腹を横切る「林道平山線」が出合う場所は、通称「みのん峠」と呼ばれている。

林道とは言えど、どちらも舗装された車道である。

この「みのん峠」より龍ヶ岳山頂に対して西側から登る歩道を「西登山道」と呼ぶことにした。いくつか看板があるので草が茂る時期も入り口はわかるだろう。(下画像の車をとめてある付近から入る)
CIMG0215.jpg

CIMG2091.jpg

CIMG2099.jpg
西登山道はしばらくは針葉樹の植林帯をゆるやかに登り、その後、ジクザグに急登となる。
CIMG0218.jpg
途中東屋があるが、この画像は雪の日のものである。
DSC00934.jpg
あまり人の通ることのないひっそりとした歩道である。

麓の民家へ山水をひくための水溜めなどがある。また、岩清水のある箇所にはイノシシのヌタ場がある。
CIMG0221.jpg
雪の日に上ったところ、タヌキやイノシシの足跡をたくさんみかけた。テンもいるのを確認している。
CIMG1992.jpg
(テンは、自宅の鶏が被害にあったので、捕獲したところイタチよりひとまわり大きく 美しい獣であった。そのまま無事に山へ返したのだが、元気にしているだろうか。)

最後は、竹林のなかにでてくる、うっそうと苔むした崖を右に見ながら登ると民家脇の畑にでる。
CIMG0229.jpg
山頂の公園施設や天文台が見えているので、そちらへ歩みをすすめれば山頂展望所は間近である。
CIMG2063.JPG

天文台脇にヤギも飼育してあり、人をみかけるとエサのおねだり声が聞こえたりもする。
メ〜 フェ〜 と

s-tyou2.pngコースタイム みのん峠〜山頂展望所 
上り45分 下り30分 標高差 約240m

yagi.jpg
画像は天文台のヤギ(みかん君) 好物のバナナの皮が頭にのってしまってたところ

posted by climber at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174690399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック